基本方針・理念

 発症して間がなく症状が安定していない状態を「急性期」といい、急性期を脱し病状も安定しつつある状態を「亜急性期」といいます。当院では、外来だけではなく、入院医療も提供することで、急性期および亜急性期から、社会復帰を目指した医療を提供する医療機関です。

 当院ではつぎの基本理念を掲げ、地域に必要な医療の提供を目指しています。

○ 急病にいつでも対応いたします
○ 的確な医療と看護を提供いたします
○ 安全な医療と看護を提供いたします
○ 十分な医療情報を提供いたしいます

 
院長 高野直樹(たかのなおき)
略歴
昭和55年 東京医科大学 卒業
昭和55年 金沢大学医学部 付属病院第二外科
昭和61年 国立鯖江病院 外科医長
平成6年 高野病院 院長
専門

日本外科学会

腹腔鏡/胸腔鏡手術

救急医療

スポーツ医学

 
高野病院の沿革
昭和36年 高野医院開院 (院長 高野修一)
昭和46年 高野病院新築開院 (院長 高野修一)
平成6年 高野病院長に高野直樹が就任
平成7年 医療法人認定を受ける
平成8年 訪問看護ステーション「コスモス」開設
平成10年 高野病院新築工事着工
平成11年 高野病院新築工事竣工
平成13年 居宅介護支援事業所「コスモス」開設
 
初代院長 高野修一(たかのしゅういち)

略歴
東京医科大学 卒業
金沢大学第一外科 入局
織田町立織田病院 院長
高野医院 院長
高野病院 院長
専門

整形外科博士号